鳥の話はいかがですか?

「野鳥お勉強会」では、毎月1回、野鳥や自然に詳しい方を講師としてお招きし、居酒屋「鳥次郎」にて、少人数(10〜20人ていど)で会食しながらの勉強会を催しています。参加は自由ですので、どなたでもお気軽にお越しください。参加費は飲食代のみの3,500円となります。なお、お店の都合により予約制としていますので、参加ご希望の方は当日の2日前までに富川(代表)までご連絡下さい。

野鳥お勉強会

野鳥お勉強会 開催のお知らせ

第377回 11月17日(土)18:00~
「野外活動者のためのスマホアプリ活用術」
幌村 幸司 氏(北海道空知総合振興局保健環境部)

スマートフォンは誕生から約10年で飛躍的な進化を成し遂げ、通信はもとよりGPSやカメラ機能等が融合し、各機器のもつ重量なるものが合わさってわずか数百グラムに凝縮されています。可搬性が良く、パソコンと違ってOSやアプリも目的に特化して高速に機能するため、野外活動においては瞬時に情報等の把握が可能で連絡や記録等も容易となります。今回は、同一の地図アプリ等を使用することより、野外調査等で当該場所の地理に詳しくない方でも、簡単に参加できる事例などを提案します。

第378回 12月15日(土)18:00~
「野幌森林公園の渡り鳥とクマゲラ」 (※忘年会を兼ねています)
富川 徹(日本鳥類標識協会・野幌森林公園を守る会)

野幌森林公園を空中写真でみると、まさに緑の島といえる森林地帯です。そこには巨木や貴重な植物をはじめ数多くの動物たちが見られていますが、とりわけ国の天然記念物のクマゲラや渡りをする鳥たちにおいては極めて大切な森林(もり)なのです。今日までの鳥類標識調査およびクマゲラ調査活動(野幌森林公園を守る会)から、渡り鳥や逞しく生きるクマゲラの生息状況などについて紹介します。

ページの先頭に戻る